MEO対策するべき業種とは?

近年よく聞かれるようになったMEO対策ですが、「自店舗はMEO対策した方が良いの?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
今回はMEO対策すべき業種についてご紹介します。

まずはMEO対策可能な業種についてです。
飲食店、美容関係はもちろん、医療機関、教育機関、宿泊施設、士業など、地域名と業種名が一緒に検索されやすく、商品やサービスを提供している来店型の店舗はすべて対策可能といっても過言ではありません。

飲食店に関しては、グルメサイトに掲載しているから大丈夫と思う人もいるかもしれませんが、最近はグルメサイトでお店を探すユーザーが減少傾向にあります。
MEO対策をしている競合は他の業種と比較すると各段に多く存在していますが、正しい対策で上位表示は十分可能なので、MEO対策が非常に有効な手段だといえます。

ある意味でサービスを提供している医療機関なども、MEO対策可能な業種といえます。
スタッフの対応や医療技術に満足すれば、かかりつけにする確率は非常に高くなります。

周囲に競合店が多く存在する場合は諦めてしまう人も多いかもしれませんが、地道にコツコツ情報発信することで時間はかかっても上位表示は可能です。

経営する店舗が来店型の場合は、MEO対策を始めてみることをおすすめします。

今からでも遅くないMEO対策で、ぜひ競合と差を付けてみませんか?

弊社、株式会社ストアノではGoogleマイビジネスの活用、MEO対策のサポートなどを行っています。

お客様への最適なプランのご提案はもちろん、ご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です