MEO対策のビジネス名が重要になる理由とは?

MEO対策をするには、Googleマイビジネスの登録が必須ですが、Googleマイビジネスにはビジネス名の登録があります。
特に疑問を持たずに登録するビジネス名ですが、登録の際の注意点や、ビジネス名を有効活用できる方法があることはご存じでしょうか?

今回はビジネス名に関してご紹介します。

Googleマイビジネスのビジネス名は、正式な店舗名・企業名のことです。
検索したユーザーが最初に目にするのがビジネス名なので、正確に登録することが重要です。
目立たせたいがために正式名称にキャッチコピーやタグ、電話番号や住所など余計なものを入れてしまうとガイドラインに違反したとみなされ、アカウントの停止や検索結果から削除される可能性もあるので注意しましょう。

また、Googleマイビジネス以外に使用しているTwitterなどのSNSや公式ウェブサイト、食べログなどの情報サイト内の店舗名も統一しなければ、Googleから別店舗と判断されるおそれがあります。
本当は人気店なのに上位表示を逃してしまう、などということもあるので、気を付けましょう。

Googleマイビジネスのビジネス名は正式名称を登録するのが基本ですが、ビジネス名をカスタマイズして略称を作ることもできます。
他店と似たような名称だったり覚えにくかったりする場合は、略称を作ることでユーザーに覚えてもらいやすくなります。

略称を作るとGoogleマイビジネスのURLが短くシンプルになり、URLの拡散がしやすい、口コミが増加するなどの効果も期待できるので、大いに活用しましょう。

ビジネス名を有効活用したMEO対策で、ぜひ競合と差を付けてみませんか?

弊社、株式会社ストアノではGoogleマイビジネスの活用、MEO対策のサポートなどを行っています。

お客様への最適なプランのご提案はもちろん、ご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です